トップ Apache Tomcat コンテキストパスの設定方法

Tomcatのコンテキストパスの設定方法

概要

このページでは、Tomcatのコンテキストパスの設定方法についての情報を掲載しています。

Tomcatでは複数の方法でコンテキストパスを指定できますが、 ここでは、Tomcatの設定ファイル(server.xml)とコンテキスト記述子(<コンテキスト名>.xml)で指定する方法を紹介します。

Tomcatの設定ファイル(server.xml)で指定する方法

server.xmlにContextタグを追加することでコンテキストパスを指定することができます。 server.xmlへ設定する場合は、Tomcatの再起動が必要です。

server.xmlでコンテキストパスを指定する例を以下に示します。

配置場所

<Tomcatホームディレクトリ>/conf/server.xml

設定ファイルの例

<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
 <Server …>
   <Service …>
     <Engine …>
       <Host …>

         <Context path="/<コンテキスト名>※"
                  docBase="<Webアプリケーションの置き場所>"
                  reloadable="true" />

       </Host>
     </Engine>
   </Service>
 </Server>

※「/<コンテキスト名>」の部分をコンテキストパスと言っています。

コンテキスト記述子(<コンテキスト名>.xml)で指定する方法

<コンテキスト名>.xmlにContextタグを追加することでコンテキストパスを指定することができます。

<コンテキスト名>.xmlでコンテキストパスを指定する例を以下に示します。

配置場所

<Tomcatホームディレクトリ>/conf/Catalina/<ホスト名>/<コンテキスト名>.xml

設定ファイルの例

<Context path="/<コンテキスト名>"
            docBase="<Webアプリケーションの置き場所>"
            reloadable="true" />

戻る

当サイトについて

基礎知識

Apache Tomcat

関連知識

Apache HTTP Server

JSP/Servlet

サイト内のページ