トップ 基礎知識 サーブレットとは

サーブレットとは―Webアプリに使われるJavaのクラス

サーブレットとは、HTTPリクエストなどのネットワーク・リクエストに応答するプログラミング言語のJavaのクラスです。

▲記事トップへ

目次

この記事の目次です。

1. サーブレットとは
2. サーブレットの簡単な説明

更新履歴

1. サーブレットとは

サーブレットとは、HTTPリクエストなどのネットワークリクエストに応答するプログラミング言語のJavaのクラスです。

2. サーブレットの簡単な説明

サーブレットの簡単な説明です。 以下のポイントについて知ると、サーブレットがどんなものか分かるのではないかと思います。

Webアプリケーションを実装するために使用される

基本的にサーブレットはWebアプリケーションを実装するために使用されます。

Strutsなどサーブレットの上で動作するフレームワークがいろいろある

Strutsなどサーブレットの上で動作し、サーブレットが提供する「これはHTTP要求で、このHTTP応答に書き込みます」といったレベルよりももっと抽象化を行うフレームワークがいろいろあります。

ネットワーク側を処理するサーブレットコンテナ内で実行される

サーブレットは、HTTPリクエストの解析、接続処理などネットワーク側を処理するサーブレットコンテナ内で実行されます。

更新履歴

このページの更新履歴です。

戻る

当サイトについて

Apache Tomcat

Apache HTTP Server

JSP/Servlet

基礎知識

コンテキスト / コンテキストパス / コンテキスト名.xml / コンテキストルート / サーブレット / マイクロサービス

/ getContextPath / JSP / PageContext / root / server.xml / Servlet / Spring Boot / Tomcat

サイト内のページ