トップ Apache Tomcat コンテキスト名.xml

Tomcatのコンテキスト記述子(Context Descriptor:<コンテキスト名>.xml)

概要

このページでは、Tomcatのコンテキスト記述子(Context Descriptor:<コンテキスト名>.xml)についての説明を掲載しています。

コンテキスト記述子(Context Descriptor)は、 TomcatにWebアプリケーション(Tomcatではコンテキストと呼ぶ)を設定する際に使用するファイルです。

説明

「<Tomcatホームディレクトリ>/conf/Catalina/<ホスト名>/」ディレクトリの下に「<コンテキスト名>.xml」という名前で配置します。

XML形式のファイルで、コンテキスト、ネーミング・リソース、セッション・マネージャーなどの設定を記述します。

コンテキスト記述子の設定内容をTomcatの設定ファイル(server.xml)に記述しても Tomcatにコンテキストを設定することができます。

なお、Webアプリケーション内のクラスやパスなどの設定は、web.xml(配備記述子)というファイルに記述されます。 Webアプリケーションのファイル類にまとめられたディレクトリやアーカイブにweb.xmlは置かれます。

更新履歴

このページの更新履歴です。

戻る

当サイトについて

基礎知識

Apache Tomcat

関連知識

Apache HTTP Server

JSP/Servlet

サイト内のページ