トップ 基礎知識 JSPとは

JSPとは―サーブレットの拡張技術

JSPは、JavaServer Pagesの略で、HTMLページを出力するためのサーブレットの拡張技術です。

▲記事トップへ

目次

この記事の目次です。

1. JSPとは
2. JSPの特徴

更新履歴

1. JSPとは

JSPとは、JavaServer Pagesの略で、HTMLページを出力するためのサーブレットの拡張技術です。

2. JSPの特徴

JSPの特徴です。

HTMLの中にJavaコードを記述する

サーブレットは動的なHTMLを作成できますが、ソースコード中にHTMLタグを記述する形式ではなくHTMLタグの出力が手間です。 そこで生まれたのがJSPです。JSPは、HTML中にJavaコードを記述する形式でHTMLタグを出力する処理を記述しなくて済みます。

サーブレットの記述例

サーブレットはソースコード中にHTMLタグを出力するコードが必要です。

 import java.io.IOException;
 import java.io.PrintWriter;
 import javax.servlet.ServletException;
 import javax.servlet.http.HttpServlet;
 import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
 import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

 public class SampleServlet extends HttpServlet {
     private static final long serialVersionUID = 1L;
     public void doGet(HttpServletRequest req, HttpServletResponse res)
                          throws IOException, ServletException {
         res.setContentType("text/html; charset=UTF-8");
         PrintWriter out = res.getWriter();
         out.println("<html>");
         out.println("<head>");
         out.println("<title>サンプル</title>");
         out.println("</head>");
         out.println("<body>");
         out.println("コンテキストパス:");
         out.println(req.getContextPath());
         out.println("</body>");
         out.println("</html>");
     }
 }

JSPの記述例

JSPの場合、HTMLの中にJavaのコードが記述できます。 サーブレットのコード例と同じ表示をするJSPは以下のようになります。

<html>
<head>
<title>サンプル</title>
</head>
<body>
コンテキストパス:<%= request.getContextPath() %>
</body>
</html>

置くだけで済む

サーブレットはJavaファイルをコンパイルしてクラスファイルを生成してデプロイ構成の位置に配置します。 JSPは、サーブレットと異なり、デプロイ構成の位置にそのまま配置すれば利用できます。 Webコンテナが自動でコンパイルしてサーブレットに変換してくれるためです。

更新履歴

このページの更新履歴です。

戻る

当サイトについて

Apache Tomcat

Apache HTTP Server

JSP/Servlet

基礎知識

コンテキスト / コンテキストパス / コンテキスト名.xml / コンテキストルート / サーブレット / マイクロサービス

/ getContextPath / JSP / PageContext / root / server.xml / Servlet / Spring Boot / Tomcat

サイト内のページ