トップ 基礎知識 コンテキストルートとは

コンテキストルート(context root)とは

概要

このページでは、コンテキストルート(context root)についての説明を掲載しています。

コンテキストルート(context root)とは、 Webアプリケーションの最上位のパスのことを言います。

説明

コンテキストは、APサーバ(ミドルウェア)が動作させる個々のWebアプリケーションのことを言います。

コンテキストルートは、このWebアプリケーションの最上位のパスで、 コンテキストパスはサーバ上のコンテキストルートまでのパスを表します。

たとえば、HTTPアクセスで、サーバーのホスト名が「localhost」、 APサーバのHTTPのポート番号が「8080」、コンテキストパスが「/test」、ページが「hello.jsp」の場合、 URLは「http://localhost:8080/test/hello.jsp」となり、「http://localhost:8080/test/」がコンテキストルートとなります。

戻る

当サイトについて

基礎知識

Apache Tomcat

関連知識

Apache HTTP Server

JSP/Servlet

サイト内のページ