トップ 基礎知識 PageContextとは

PageContextとは―暗黙オブジェクトやフィールド、メソッドの解説。

PageContextとはサーブレット環境でJSPテクノロジーを使用する場合に役立つコンテキスト情報を提供するクラスです。暗黙オブジェクトやフィールド、メソッドについて解説しています。

▲記事トップへ

目次

1. PageContextとは
2. pageContextオブジェクト
3. フィールドの一覧
4. メソッドの一覧

更新履歴

1. PageContextとは

PageContext(javax.servlet.jsp.PageContext)は、 javax.servlet.jsp.JspContextを継承して、サーブレット環境でJSPテクノロジーを使用する場合に役立つコンテキスト情報を提供するクラスです。

PageContextクラスのインスタンスは、JSPページに関連付けられたすべてのネームスペースへのアクセスを提供し、 いくつかのページ属性へのアクセスを提供し、実装の詳細の上にあるレイヤーも提供します。

2. pageContextオブジェクト

PageContextクラスのインスタンスは、暗黙的なオブジェクトとして、pageContextという名前で自動的に追加されます。 これをpageContextオブジェクトといいます。

暗黙的なオブジェクト

JSPでは、宣言せずに使用できるオブジェクトとしてrequest、response、pageContext、session、application、config、page、exceptionを用意しています。 これらのオブジェクトのことを暗黙的なオブジェクトといいます。

3. フィールドの一覧

PageContextクラスのフィールドの一覧です。

PageContextクラスのフィールドの一覧
修飾子と型 フィールド 説明
static StringAPPLICATIONServletContext を PageContext 名前テーブルに保存するために使用される名前です。
static intAPPLICATION_SCOPEアプリケーションスコープ: 名前付き参照は、再生されるまで ServletContext で利用可能です。
static StringCONFIGServletConfig を PageContext 名前テーブルに保存するために使用される名前です。
static StringEXCEPTIONServletRequest 属性リストおよび PageContext 名前テーブルにキャッチされていない例外を格納するために使用される名前です。
static StringOUT現在の JspWriter を PageContext 名前テーブルに保存するために使用される名前です。
static StringPAGEこの PageContext の名前テーブルにサーブレットを格納するために使用される名前です。
static intPAGE_SCOPEページ範囲: (これがデフォルトです)名前付き参照は、現在の Servlet.service() 呼び出しから戻るまで、この PageContext で利用可能です。
static StringPAGECONTEXTこの PageContext を独自の名前テーブルに保存するために使用される名前です。
static StringREQUESTServletRequest を PageContext 名前テーブルに保存するために使用される名前。
static intREQUEST_SCOPEリクエストスコープ: 名前付き参照は、現在のリクエストが完了するまで、サーブレットに関連付けられた ServletRequest から利用可能のままです。
static StringRESPONSEServletResponse を PageContext 名前テーブルに保存するために使用される名前です。
static StringSESSIONHttpSession を PageContext 名前テーブルに保存するために使用される名前です。
static intSESSION_SCOPEセッションスコープ(このページがセッションに参加している場合のみ有効): HttpSession が無効化されるまで、名前付き参照は、サーブレットに関連付けられた HttpSession(存在する場合)から引き続き利用可能です。

4. メソッドの一覧

PageContextクラスのメソッドの一覧です。

PageContextクラスのメソッドの一覧
修飾子と型 メソッド 説明
abstract voidforward(StringSE relativeUrlPath)このメソッドは、現在の ServletRequest および ServletResponse をアプリケーション内の別のアクティブなコンポーネントにリダイレクトまたは「転送」するために使用されます。
ErrorDatagetErrorData()エラー情報への便利なアクセスを提供します。
abstract ExceptiongetException()例外オブジェクトの現在の値(例外)です。
abstract ObjectgetPage()ページオブジェクトの現在の値(サーブレット環境では、これは javax.servlet.Servlet のインスタンスです)。
abstract ServletRequestgetRequest()リクエストオブジェクトの現在の値(ServletRequest)です。
abstract ServletResponsegetResponse()レスポンスオブジェクトの現在の値(ServletResponse)です。
abstract ServletConfiggetServletConfig()ServletConfig インスタンスです。
abstract ServletContextgetServletContext()ServletContext インスタンスです。
abstract HttpSessiongetSession()セッションオブジェクトの現在の値(HttpSession)です。
abstract voidhandlePageException(ExceptionSE e)このメソッドは、この JSP の指定されたエラーページに例外を転送することにより、未処理の「ページ」レベルの例外を処理することを目的としています。
abstract voidhandlePageException(ThrowableSE t)このメソッドは、この JSP の指定されたエラーページに例外を転送することにより、未処理の「ページ」レベルの例外を処理することを目的としています。
abstract voidinclude(StringSE relativeUrlPath)指定されたリソースが、呼び出しスレッドによって処理されている現在の ServletRequest および ServletResponse の一部として処理されるようにします。
abstract voidinclude(StringSE relativeUrlPath, boolean flush)指定されたリソースが、呼び出しスレッドによって処理されている現在の ServletRequest および ServletResponse の一部として処理されるようにします。
abstract voidinitialize(Servlet servlet, ServletRequest request, ServletResponse response, StringSE errorPageURL, boolean needsSession, int bufferSize, boolean autoFlush)初期化メソッドは、初期化されていない PageContext を初期化するために呼び出され、JSP 実装クラスが _jspService() メソッド内で受信リクエストとレスポンスを処理するために使用できるようにします。
BodyContentpushBody()新しい BodyContent オブジェクトを返し、現在の「出力」JspWriter を保存し、PageContext のページスコープ属性ネームスペースの "out" 属性の値を更新します。
abstract voidrelease()このメソッドは、PageContext の内部状態を「リセット」し、すべての内部参照を解放し、initialize() の以降の呼び出しによる潜在的な再利用のために PageContext を準備します。

更新履歴

戻る

当サイトについて

Apache Tomcat

Apache HTTP Server

JSP/Servlet

基礎知識

コンテキスト / コンテキストパス / コンテキスト名.xml / コンテキストルート / サーブレット / マイクロサービス

/ getContextPath / JSP / PageContext / root / server.xml / Servlet / Spring Boot / Tomcat

サイト内のページ