トップ Apache Tomcat Contextタグとその属性

TomcatのContextタグとその属性

概要

このページでは、TomcatのContextタグと属性についての情報を掲載しています。

コンテキストパスを設定するContextタグについて

<Context path="/<コンテキスト名>"
            docBase="<Webアプリケーションの置き場所>"
            reloadable="<Tomcat起動時のファイル更新反映有無(true or false)>"
            crossContext="他のコンテキストへのアクセス有無(true or false)" />

path属性

path属性は、コンテキストパスの指定に当たります。コンテキスト名を設定します。

docBase属性

docBase属性は、appBaseに指定したパス(※下記参照)の下に、 Webアプリケーションを配置している場合は記述する必要はありません。 指定する場合はappBase属性の指定パスを基準にした参照方法でパスを記述します。

※appBaseは、server.xmlに指定するHostタグのappBase属性の指定のことを言っています。 デフォルトでは、<Tomcat配置場所のパス>/webappsとなります。

reloadable属性

reloadable属性は、Webアプリケーション更新時にTomcatを再起動せずにサーブレットのクラスファイルを更新して反映するかを設定します。 trueはファイルを更新した場合にTomcat起動時に更新されます。

crossContext属性

crossContext属性は、ServletContext.getContext() メソッドを使って他のコンテキストにアクセスできるかを指定します。 trueにすると許しない設定となります。

戻る

当サイトについて

基礎知識

Apache Tomcat

関連知識

Apache HTTP Server

JSP/Servlet

サイト内のページ